1996年 灘中学校 算数 第一日 問8 ~進み方の場合の数~


1996年の灘中より、場合の数の問題。

定番の道筋問題とは異なり、最短距離ではありません。

考え方も大きく変わってきます。














灘はこの手のパターン崩しが好きですね。

(灘中ではよく出題されるタイプなので、灘中受験生にとってはパターンと言えるかもしれません)

最新記事

すべて表示