2004年 甲陽学院中 第二日 問3~場合の数・フィボナッチ数列封じ~


2004年の甲陽から、場合の数です。

場合分けの方法において、とても勉強になる良問です。

前の小問の利用についても、良い練習になります。

フィボナッチ数列での解法を封じたかったのでしょうね。













甲陽のみならず、灘中受験生にも解いて欲しい問題です。



​お問い合わせ

​原則的に、お問い合わせから24時間以内にメールの返信をしております。​24時間以内に返信の無い場合は、こちらをご覧ください。

​拠点: 兵庫県神戸市垂水区

 © 2020 by Leo Fukutome. Proudly created with Wix.com