2018年 桜蔭中学校 算数 問2(2) ~重複をさける場合の数~



2018年の桜蔭中より、場合の数の問題。

少し改題して、シンプルな問題にしました。

円順列を発展させたような考え方をするので、小学生にとっては難しく感じるでしょう。

重複を避けることがポイントになりますが、そのためには場合分けの段階でも注意が必要です。










2か所の選び方は他にもパターンはありますが、回転させると上のいずれかと重複します。


ちなみに、実際には(1)がついていました。

(1)は1色が黒になる場合の場合の数を求める問題でした。(4通りになります)

最新記事

すべて表示