中学受験算数 オリジナル問題 No.16 ~意外な方法で解く場合の数~


場合の数の、オリジナル問題。

難関校でしかほぼ出題されない内容になります。


突然思いつくようなものではないので、一つのパターンとして捉えて欲しいのですが、

実際には違った見た目で出題されます。

ですから、「どうしてこの方法で解けるか」を考え、理解しておく必要があります。

前回の問題もそうですね。

そうでないと、実際に見たときにこの解法を適用できません。


以下、解説です。
















以上のように、道筋を利用します。

「カタラン数」とも絡んできて、最難関校ではテーマになることが多いですね。