2021年 大阪星光学院中 算数 問1(5) ~カードの和がnの倍数となる場合の数~

2021年の大阪星光学院中より、カードの和に関する問題です。

2の倍数になる場合・3の倍数になる場合を問われています。





ともに、場合分けの仕方がポイントになります。

出来るだけ少ない作業で解くには、どのような方法が良いでしょうか?














2で割り切れる場合は偶・奇。

3で割り切れる場合はあまりに注目しています。

場合分けが少なく済みますね。

​お問い合わせ

​原則的に、お問い合わせから24時間以内にメールの返信をしております。​24時間以内に返信の無い場合は、こちらをご覧ください。

また、迷惑メールの受信設定において、こちらのメールを受信するよう設定くださいませ。

leo.knowledge.is.power@gmail.com

​当サイトの情報を許可なく転載・利用された場合、法的処置を取らせていただきます。ご注意下さい。

​拠点: 兵庫県神戸市垂水区

 © 2020 by Leo Fukutome. Proudly created with Wix.com